特集・コラム

05
2018-06-13

「人事の壁を超えろ!」 ロボット社員の入社手続き

こんにちは。
RPAナビゲーターのロボ之園です。

今回はRPAプロジェクトリーダー坂西氏に、RPAプロジェクト実行にあたり、苦戦したこと、意外だったことなどをインタビューしてきました。

坂西氏

RPAプロジェクトでまず奮闘したもの。それは……
開発でも設計でもなく、ロボット社員の入社手続きでした。

ロボ之園

意外ですね。「ロボット社員入社」のニュースは、新聞やテレビでも話題になっていました。一大イベントだったようですね。

坂西氏

話題? イベント? いえいえきっとそれだけじゃないはずですよ。
まずはじめに骨をおったのが、ロボット用のID等々、アカウントの作成だったんです。

ロボ之園

なるほど!
動画第一弾 RPA the Movie~RPAを使うとこんなことができる~オフィスワーク編ではロボットが華麗にメールソフトやエクセルを操っていました。

ロボットにも会社のメールや基幹システムにログインするアカウントが必要だ!ということですね?

坂西氏

そうです!
RPAは人間と同じレイヤーで働くロボットであるため、システムの内部だけに適用する権限だけではダメなんです。

僕たちと同じように、会社で、一社員として働くのに必要なアカウントが必要になってくるというのは、当たり前といえば当たり前のことですが、その当たり前のことにプロジェクト開始当初は気づかなかった…

ロボ之園

動画では、公式情報を、ネットから探してきてエクセルに転記する、という例を挙げていますが、お客様の大切な極秘情報を扱うこともあるでしょうし、セキュリティの観点から、誰かのアカウントを貸して操作させることもできないですよね?

坂西氏

もちろん。
会社のアカウントが必要になるということは、「社員登録」「社員番号」が必要になるということ。

一人の人間の入社手続きとほぼ同じ、なのに、社会保険など労務関係の手続きは不要というイレギュラー(汗)

ロボ之園

社員番号に紐付いて、社内の色々な権限の付与条件が決まってくるわけですから、社内手続きも一筋縄ではいかないということですね。

坂西氏

ソフトウェアロボットという実態のないものに、「人間と同じく社員番号を付与してください!」ってなかなか伝わらないですよ。

僕と人事部の間に高い壁がありました。。。

ロボ之園

ロボットが働くための環境を整えること、つまりはセキュリティポリシーなんかの社内コンプライアンスに沿ったルールを考えておくことが必要ということですね。

坂西氏

ロボットの働く環境を整備する仕事…未来を感じます!!

ロボ之園

坂西さん、意外な奮闘話、どうもありがとうございました。
次回のRPAプロジェクト奮闘記もどうぞお楽しみに。

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。

ソフトウェア ロボットソリューション 詳しくはこちら メールマガジン 登録はこちら
一覧を見る

事例紹介

長年の安定した品質により、数多くのお客様のビジネスを支えています。

一覧を見る資料DL

pagetop