セミナー

RPAだけでは自動化できない業務を、どう効率化すればよいのか?

~Robochestrationという考え方について~

近年RPAを導入する企業が急速に増えています。単純業務を自動化することで、コスト削減や業務効率化を実現することができます。大幅な工数削減に成功した企業が増えてきました。
しかしRPAだけでは自動化できない業務があります。例えば、これまで手作業で行っていた運用手順書をRPAで自動化したが、
RPAを起動するトリガーとして運用監視ツールと連携したい場合であったり、RPAの作業結果(データ登録や集計の結果)を社内でしっかり情報共有したい、というケースです。このようにプラスアルファで自動化したい業務がある場合にはどうすればよいのでしょうか。

このような場合は、例えばJP1と連携する方法があります。JP1とRPAと組み合わせることで、これまで手作業だった運用手順書をRPAで自動化するとともに、JP1がシステム全体の状況を監視・管理し、適切にRPAを実行することができます。

また、Pleasanter(プリザンター)との連携する方法もあります。Pleasanter(プリザンター)とRPAと組み合わせて、RPAが業務上取得してきた情報(データ)を、ナレッジ管理データベースであるPleasanter(プリザンター)にRPA自身が記録しすることで、作業から情報共有までの一連の「業務」を効率化することができます。
本セミナーでは、このようにRPAとIT製品とを連携させる、Robochestrationという考え方について解説すると共に、大手企業における具体的な事例をご紹介します。

残席わずか!

概要

開催日 2019年7月24日(水)
14:30~16:30 (受付開始:14:00)
会場 ハーモニアス・コンピテンス・センター
東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー13階
定員 50名
主催 CTCシステムマネジメント株式会社
共催 株式会社日立製作所
株式会社インプリム
マジセミ株式会社
株式会社オープンソース活用研究所
参加費 無料(事前申込制)
問い合わせ先 CTCシステムマネジメント株式会社
TEL:03-5210-8040
備考欄 ※講演内容は事前の予告なく変更となる場合がございます。ご了承願います。
  • 同業他社様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。
  • 当セミナーは、法人様対象のセミナーです。個人様からのお申し込みは受付ておりません。

プログラム

時間 内容
14:40~15:10

RPA導入時の苦悩を語る
 ~大手企業バックオフィス業務へのRPA導入を通して学んだRPA+αの取り組みで真の効率化を実現~

講演者:CTCシステムマネジメント株式会社
営業本部 マーケティング部
部長 廣田 真也
15:10~15:40

JP1が実現する、基幹業務×バックオフィス業務の運用管理

講演者:株式会社日立製作所
アプリケーションクラウドサービス事業部
主任技師 加藤 恵理
15:40~16:10

オープンソースの「Pleasanter」で手軽に脱エクセル!

講演者:株式会社インプリム
代表取締役 内田 太志
  • プログラムは都合により変更される場合があります。

CTCシステムマネジメントTOP>セミナー> RPAだけでは自動化できない業務を、どう効率化すればよいのか?

pagetop